大紀町 公式ホームページ
  文字サイズ文字サイズを小さくする文字サイズを元に戻す文字サイズを大きくする
サイト内検索
TOP > 福祉と健康 > 障害(児)者福祉

障害(児)者福祉


 

福祉用具等の給付

補装具費の交付・修理

 身体障害者手帳を持っている方は、そのハンディキャップを補うため、障害に応じて車いす・補聴器等の購入又は修理に要する費用を支給します。

障害名補装具
視覚障害盲人用安全つえ、義眼、眼鏡
聴覚障害補聴器
肢体不自由義肢(義手・義足)、装具、車いす(注)、電動車いす、歩行器(注)、歩行補助つえ(注)、座位保持装置、重度障害者用意思伝達装置など

注)  介護保険給付対象の方で、介護保険と共通する品目(車いす、歩行器、歩行補助つえ)で、既製品で対応できる場合は介護保険サービスをご利用ください。


 

申請に必要なもの

  1. 補装具費(購入・修理)支給申請書
  2. 医学的意見書(指定の医師に作成してもらいます。)
  3. 補装具の見積書
  4. 身体障害者手帳
  5. 印鑑


 

申請される方への注意事項

  • 補装具の事業所に発注する前に必ず申請してください。発注後の申請は無効となります。
  • 再交付申請と修理申請の医学的意見書の添付について
     前回申請の補装具と同形の補装具の再交付及び修理申請には医学的意見書の添付は不必要。
     ただし、骨格構造義肢、座位保持装置、電動車いす、重度障害者用意思伝達装置については、医学的意見書が再度必要。


 

費用

  • 原則、1割の自己負担があります。
    注)  本人所得及び世帯の課税状況によって、自己負担額月額に上限があります。


 

日常生活用具の給付

 重度の障害があって、日常生活の不便を解消するため、日常生活用具を給付しています。

種目対象・等級
特殊尿器(注1)下肢、体幹機能障害1級(常時介護を要する者)
特殊マット(注1)下肢機能障害又は体幹機能障害1級又は知的障害A2以上
浴槽(湯沸器含む)下肢機能障害又は体幹機能2級以上
便器(注1)下肢機能障害又は体幹機能2級以上
特殊便器上肢機能障害2級以上又は知的障害A2以上
特殊寝台(注1)下肢機能障害又は体幹機能2級以上
入浴担架下肢機能障害又は体幹機能2級以上(常時介護を要する者)
体位変換器(注1)下肢機能障害又は体幹機能2級以上(常時介護を要する者)
移動用リフト(注1)下肢機能障害又は体幹機能2級以上
入浴補助用具(注1)下肢機能障害又は体幹機能障害であって入浴に介助を要する者
移動、移乗支援用具(注1)平衡機能障害又は下肢機能障害若しくは体幹機能障害であって家庭内の移動に介助を必要とする者)
T字杖、棒状の杖下肢機能障害、体幹機能障害、平衡機能障害
頭部保護帽平衡機能障害、下肢機能障害・体幹機能障害・知的障害・精神障害(てんかんの発作により頻繁に転倒する者)
聴覚障害者用屋内信号装置聴覚障害2級以上(聴覚障害者のみの世帯及びこれに準ずる世帯で日常生活上必要と認められる世帯)
聴覚障害者用通信装置(注2)聴覚障害者又は発声・発語に著しい障害を有する者
聴覚障害者用情報受信装置聴覚障害者
携帯用会話補助装置音声言語機能障害者又は肢体不自由者であって発声・発語に著しい障害を有する者
パーソナルコンピュータ(注2)上肢機能障害2級以上又は言語、上肢複合障害2級以上(文字を書くことが困難な者に限る)
人工喉頭喉頭摘出した音声機能障害者
透析液加温器腎臓3級以上で自己連続携行式腹膜灌流法(CAPD)による透析療法を行う者
電気式たん吸引器呼吸器機能障害3級以上又は同程度の障害であって必要と認められる者
点字図書主に情報の入手を点字によっている視覚障害
視覚障害者用拡大読書器視覚障害者であって本装置によって文字等を読むことが可能な者
視覚障害者用ポータブルレコーダー視覚障害2級以上
盲人用体温計(音声式)視覚障害2級以上(盲人のみの世帯及びこれに準ずる世帯)
盲人用体重計視覚障害2級以上(盲人のみの世帯及びこれに準ずる世帯)
点字器視覚障害2級以上
点字タイプライター視覚障害2級以上
点字ディスプレイ視覚障害2級以上かつ聴覚障害2級以上であって必要と認められる者
歩行時間延長信号機用小型送信機視覚障害2級以上
視覚障害者用活字文書読上げ装置視覚障害2級以上
盲人用時計視覚障害2級以上
電磁調理器視覚障害2級以上又は知的障害A2以上(視覚障害又は知的障害者のみの世帯及びこれに準ずる世帯)
情報・通信支援用具視覚障害、上肢機能障害2級以上
ネブライザー呼吸器機能障害3級以上又は同程度の障害であって必要と認められる者
酸素ボンベ運搬車医療保険における在宅酸素療法を行う者
ストマ用装具ストマ造設者
紙オムツ高度の排便、排尿機能障害のある全身性障害者等
収尿器高度の排尿機能障害者
火災警報器身体障害2級以上、知的障害A2以上(火災発生の感知及び避難が著しく艱難な障害者のみの世帯及びこれに準ずる世帯)
自動消火器身体障害2級以上、知的障害A2以上(火災発生の感知及び避難が著しく艱難な障害者のみの世帯及びこれに準ずる世帯)
住宅改修費
(注1)
下肢機能障害、体幹機能障害、乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害(移動機能障害に限る)を有する者であって障害等級3級以上(他だし特殊便器の取替えは上肢障害2級以上

注1) 介護保険給付対象の方は、介護保険サービスをご利用ください。
注2) パーソナルコンピュータ、聴覚障害者用通信装置のうちファックスを給付希望される場合、前年分所得税非課税世帯の方が対象となります。


 

申請に必要なもの

  1. 日常生活用具給付申請書
  2. 日常生活用具の見積書
  3. 身体障害者手帳又は療育手帳
  4. 印鑑


 

申請される方への注意事項

  • 日用生活用具の事業所に発注する前に必ず申請してください。発注後の申請は無効となります。


 

費用

  • 原則、1割の自己負担があります。
    注)  本人所得及び世帯の課税状況によって、自己負担額月額に上限があります。
  • 日常生活用具には、それぞれの日常生活用具ごとに基準額があります。



 
<<前のページへ戻る次のページへ>>