大紀町 公式ホームページ
  文字サイズ文字サイズを小さくする文字サイズを元に戻す文字サイズを大きくする
サイト内検索
TOP > たいきこどもページ > 大紀町ってどんな町?

大紀町ってどんな町?

わたしたちが住んでいる町のこと、知っておこう!

大紀町の位置(いち)と面積(めんせき)

大紀町は、三重県(みえけん)の中南部(ちゅうなんぶ)にあります。

○距離(きょり)/東西(とうざい)約(やく)24.8km、南北(なんぼく)約(やく)26.3km
○総面積(そうめんせき)/233.54km2

みんなが住んでいる場所(ばしょ)は大紀町の中でほんの一部(いちぶ)の場所(ばしょ)。大紀町のほとんどが山や林で成(な)り立(た)っているよ。

大紀町の気候(きこう)

比較的(ひかくてき)温暖(おんだん)な気候(きこう)ですが、三重県内(みえけんない)の他(ほか)の地域(ちいき)と比(くら)べると降水量(こうすいりょう)が多(おお)いよ。特(とく)に梅雨時期(つゆじき)や、8・9・10月(がつ)の台風(たいふう)シーズン、秋雨時期(あきさめじき)に降水量(こうすいりょう)が多(おお)くみられます。

大紀町の人口(じんこう)

9,846人(にん)。
※注意(ちゅうい):平成(へいせい)22年9月末(まつ)のデータです。

大紀町の名前(なまえ)の由来(ゆらい)

平成(へいせい)17年2月14日に紀勢町(きせいちょう)、大宮町(おおみやちょう)、大内山村(おおうちやまむら)が合併(がっぺい)し、大紀町は誕生(たんじょう)しました。
長い間(あいだ)親(した)しんできた町村名(ちょうそんめい)を後世(こうせい)に残(のこ)す意味(いみ)でも、「大」と「紀」をとりいれたのと、大内山川(おおうちやまかわ)や宮川(みやがわ)など大きな川のイメージと、紀州(きしゅう)の玄関口(げんかんぐち)となって大きく発展(はってん)していくことを願(ねが)って「大紀町」としました。

大紀町の町章(ちょうしょう)

大紀町の「た」を図案化(ずあんか)し、赤色(あかいろ)は太陽(たいよう)、水色(みずいろ)は川や海を、緑色(みどりいろ)は山や里の自然(しぜん)ゆたかな情景(じょうけい)を表(あらわ)しています。
全体的(ぜんたいてき)にはそこに住む人々(ひとびと)の躍動(やくどう)と町の繁栄(はんえい)を力強(ちからづよ)く形にしたものです。

戻(もど)る