大紀町 公式ホームページ
  文字サイズ文字サイズを小さくする文字サイズを元に戻す文字サイズを大きくする
サイト内検索
TOP > 生活環境 > 農地・森林について > 農業委員選挙人名簿関係

農業委員選挙人名簿関係


 

選挙人名簿搭載申請について

農業委員の選挙以外にも利用される場合があります。

 選挙人名簿に登載されている証明を求められることがありますのでご注意下さい。
 選挙人名簿に登載されると選挙権、被選挙権が与えられることとなりますが、そのほかに農業振興地域に関する法律上、「農業に従事する者」の判断に使われることがあります。
 農家住宅の建て替えや分家住宅の建築をしようとした時の確認に使用する場合、これがその一例です。
 選挙人名簿に登載される要件がありながら、申請をしていないために住宅の建て替えができなくなる場合もありますので、該当されている方は、必ず、申請をしましょう。


 

選挙権・被選挙権

農業委員選挙人名簿の登録は毎年必要です。

 農業委員のうち選挙委員は、選挙権のある農業者が、被選挙権のある農業者のうちから選挙によって選出します。
 選挙の方法は、おおむね市町村の議会の議員の選挙に順じて行われます。
 農業委員会委員の選挙権、被選挙権は、農業委員会委員選挙人名簿に登載された農業者の方にあります。
 この農業委員会委員選挙人名簿は、選挙管理委員会が、毎年1月10日までに、有権者(農業者)から申請書を提出していただき、1月1日現在の状況により、その資格要件を調査し、調製することになっています。
 ここでいう選挙人名簿は、公職選挙法第19条の規定による永久選挙人名簿(一度登録されたら、抹消事由に該当しない限り永久に名簿登載される名簿のこと。)ではなく、毎年一定時期を基準として選挙権を有する者を登録し、名簿確定後は一定時期据え置いて、その期間内に行われる農業委員会の選挙による委員に関するすべての選挙に用いられる定時調製名簿であり、調製の方式も選挙権のある者の申告を待ってその選挙資格を調査して作成する申告調製名簿ということになります。
 つまり、農業委員会委員選挙人名簿は、農家の皆さんから、毎年申請がなければ作成できないことになります。
 以上のような理由から、農業委員会では、毎年、農業委員会委員選挙人名簿登載申請書を各農家に配布し、各地区農業委員・役場本庁・各支所・出張所に届けていただき、各農家からの回収後、内容を審査した上で選挙管理委員会へ申請書を送付しています。
 該当する農家の方は、必ず、申請書に資格要件のある者を記入していただき提出をしていただきますようお願いいたします。
 該当する方の資格要件は、次のとおりです。


 

資格要件

  1. 大紀町農業委員会の区域内に住所を有する者であること。
  2. 年齢が20歳以上であること。
  3. 10アール以上の農地について耕作の業務を営む者であること。
  4. 耕作の業務を営む者の同居の親族又は同居の親族の配偶者であって年間おおむね60日以上耕作に従事していると農業委員会が認めた者であること。
  5. 10アール以上の農地について耕作の業務を営む農業生産法人の組合員、社員又は株主であって年間おおむね60日以上耕作に従事していると農業委員会が認めた者であること。

 

申請方法

該当する農家の方は必ず申請してください。

 郵送で申請書を配布しますので、必要事項を記入して提出してください。
 選挙権を有する者は、毎年1月1日現在の状況により1月10日までに農業委員会委員選挙人名簿登載申請書を農業委員会を経由して、選挙管理委員会に提出することとなっています。
 この申請書を提出しないと選挙人名簿に登載されません。
 申請書の提出があった農家世帯については、農業委員会において、資格要件等を確認し、1月31日までに選挙管理委員会へ送付することとなっています。
 選挙管理委員会では、住所要件等を確認したうえで、3月31日選挙人名簿を確定します。
 該当する農家へは郵送で申請書を配布しますので、配布されましたら必要事項を記入したうえで提出していただきますようお願いいたします。