大紀町 公式ホームページ
  文字サイズ文字サイズを小さくする文字サイズを元に戻す文字サイズを大きくする
サイト内検索
TOP > 生活環境 > 犬・猫について > 飼い主のマナー

飼い主のマナー


 

動物を飼う前に・・・

 動物を飼うということは、大切な一つの命を預かるということです。その本能や習性を理解し、途中で動物を手放すことのないように、生涯、家族の一員として愛情と責任を持って飼うことができるのか、もう一度考えてみてください・・・。

  • 動物を飼うために適した場所がありますか?
  • 動物を飼うことを、家族全員が賛成していますか?
  • 毎日の世話(エサやり・散歩・フン尿の後始末など)ができますか?
  • 病気になったときに治療を受けさせてあげることができますか?
  • もし、子犬や子猫を望まないのであれば、必要に応じて去勢・避妊手術を受けさせてあげることができますか?
  • 一生面倒をみることができますか?

 

基本的なルール

犬はつないで飼いましょう!

  • 犬の放し飼いは、『三重県動物の愛護及び管理に関する条例』で禁止されています。危害の防止のため、犬の行動範囲が自分の敷地外へ出ないよう工夫をしてください。(さく、おりなどの囲いの中で飼うか、または鎖などでつないでください。)

     
  • 散歩させるときは犬をコントロールできる人が行い、必ず鎖や丈夫なロープなどでつなぎましょう。つないでいない犬は、子供・お年寄り・犬が苦手な人だけでなく、犬が好きな人にも恐怖感を与えます。それに、もし犬が人を噛んでしまった場合、取り返しのつかない事になります。『命令には必ず従うのでそばについていればよい。』ということは決して認められません。十分に注意をしてください。

 

鑑札・注射済票は必ず犬の首輪などに付けましょう!

  • 犬の所有者には、鑑札・狂犬病予防注射済票をつけることが義務づけられています。
  • 万が一『まいご』になって保護された場合は、あなたの愛犬の『まいご札』になります。(犬を保護された方は、これらの番号を町にお問合せ頂ければ飼い主が特定でき、町から飼い主へ連絡をすることが出来ます。)

 

『フン』の後始末をきちんとしましょう!

 犬が人に迷惑をかけないようにすることは、飼い主の義務です。特に散歩をさせる場合、公園や道路などの公共の場所はもちろん、他人の土地や建物などを動物の汚物等で汚してはいけません。散歩中に『フン』をした時は、必ず飼い主が持ち帰り処分してください。『フン害』が、近所への『憤慨』へとつながらないように、飼い主としてのマナーを守りましょう。

■簡単な『フン』の始末の仕方

 

犬や猫を捨てないでください!

 どうしても飼えなくなった時は、新たな飼い主を探しましょう。捨てられた犬や猫は、無残な死をむかえるか「ノラ犬・ノラ猫」になり、みんなに迷惑をかけてしまいます。どんな理由があっても、絶対に捨てないでください!!

注) 
愛護動物を遺棄・虐待した場合は100万円以下の罰金、殺傷した場合は2年以下の懲役または200万円以下の罰金 (「動物の愛護および管理に関する法律」より)


 

繁殖は計画的に!

 無責任な飼い主に捨てられた犬や猫が、いろいろな問題を起こしています。望まれない繁殖をふせぐため、飼い主の責任で去勢・避妊手術をしましょう。


 

むだ吠えをさせないようにしましょう ( 『しつけ』をしましょう )!

  • 犬のつなぐ場所等を考えて、ご近所に迷惑をかけないようにしましょう。むだ吠えを抑えるには、犬が吠える理由を理解し、必要な時以外に吠えた場合はこまめに叱ってあげ、無駄吠えがよくないことを覚えさせるなど、日ごろから『しつけ』をすることが大切です。

     
  • 『しつけ』とは、飼い犬が人間社会の中で幸せに暮らしていくために必要な善悪、最低限のマナーを飼い主が犬に教えることです。そして『しつけ』は、犬への最大限の思いやりなのです。しつけられた犬は、犬が『好きな人』『嫌いな人』『怖い人』を含め、近所の人たちに安心感を与えます。

 

衛生面も注意をしましょう

 悪臭でご近所に迷惑をかけないよう、飼っている場所を清潔にしましょう。清潔に保つことで、病気の予防にもなります。


 

適正な運動・散歩をさせましょう!

 健康で長生きさせるためにも、犬の種類、発育状況、健康状態などに応じて毎日運動させましょう。散歩は、ほかの犬とのコミュニケーションを図る場にもなります。


 

動物に必要な医療を受けさせましょう!

 動物は言葉を話せないので、体調が悪くても言葉で訴えることができません。人間と同じように、動物にも病院が必要です。かかりつけの獣医さんを決めて、定期的に診断を受けるなどして、動物の健康を守ってあげましょう。